処理順に戻る

戦闘の処理順

戦闘中、キャラクターに行動が回ってくると、以下の順で処理が行われます。


行動開始(隠しパラメーターである『行動メーター』が溜まったら行動)
  ↓
状態異常の回復(上限を超えている場合は目減り)
  ↓
条件付き付加技能の強化・弱体効果
  ↓
受動系特殊効果(防具についた「自虐〜」・「HP回復」等)
  ↓
状態異常によるダメージならびに停止処理(異常により行動不能状態ならそのまま行動終了)
  ↓
設置された罠に引っ掛かるかどうかの処理
  ↓
逃走処理(通常、逃走を試みた後に行動終了)
  ↓
ポケットアイテム1の使用(通常、使用後に行動終了)
  ↓
ポケットアイテム2の使用(通常、使用後に行動終了)
  ↓
ファンブル判定(ファンブルが起ると行動終了)
  ↓
【右手行動】
  ↓
戦闘技能発動判定(依存と条件が合っているか)
  ↓
対象決定(通常、火器でロックオンしたなら右手行動終了)
  ↓
攻撃・回復・特殊効果など
  ↓
装備品磨耗・破壊
  ↓
【左手行動】
  ↓
戦闘技能発動判定(依存と条件が合っているか)
  ↓
対象決定(通常、火器でロックオンしたなら左手行動終了)
  ↓
攻撃・回復・特殊効果など
  ↓
装備品磨耗・破壊
  ↓
行動終了


重要ポイントまとめ

1.各キャラクターは『行動メーター』という隠しパラメーターを持っています。
  これが一定数溜まることにより行動を起こします。

2.常に『右手』→『左手』という順で処理されます。

3.『逃走処理』→『アイテムの使用』→『戦闘技能の発動』です。
  戦闘設定を行うときはご注意ください。

4.装備品の磨耗・破壊は右手と左手でそれぞれ起こります。
 (盾は手に装備しますが、防具と同じで攻撃を受けたときに磨耗します)

5.『逃走処理』および『ポケットアイテムの使用』が実行された場合、
  通常は成功失敗に関わらず行動が終了します。
  ただし、特殊な能力や技能の効果により、
  この行動終了をキャンセルできる場合があります。
  (この場合、その旨のメッセージが表示されます)

6.「バーサーク」や「ブースト」といった条件付き付加技能の強化は、
  その対象である本人の行動時に行われます。
  (本人が行動するまで強化効果は得られません)

7.「ターンアンデッド」などによって場に働いている弱体効果も、
  (術者ではなく)その弱体化対象の行動時に適用されます。
  (対象が行動するまで弱体化効果は働きません)

 
 

Last-modified: 2007-04-05 (木) 10:18:00 (4607d)