世界観の詳細に戻る

イーレイ

古代文明時代の都市の名。
厄災の始まりの地であり、深淵回廊の舞台の『元』。
技術の粋を集めた、最先端の研究都市だったようだ。

イーレイとは「天上の楽園」を意味し、
その名に恥じない美麗な都であったようだが、
その都市景観の美しさは魔術と融合した機械学によって
創出された環境調整システムによる賜物である。

統治AIや微小ゴーレムといった次世代の技術の開発が
行われていたが、謎の暴走を引き起こす。

その暴走開始時期が「栄光の回廊」と呼ばれる
大型プレーン接続路の完成と重なっていることから
何らかの関連性があると思われる。

イーレイ

Last-modified: 2007-04-05 (木) 10:18:00 (4631d)