キャラクターの戦い方を決めるへ戻る

戦闘技能の使用条件

戦闘設定フォームのこの項目で、装備している戦闘技能の発動タイミングを設定することができます。

数字と条件文を組み合わせて、設定を作り上げてください。
  《関連:「各条件の詳細」》

各条件で組み合わせられる数字は決まっていて、条件の横にある( )の中に書かれた範囲内でお選びください。
範囲以上の数字が選ばれた場合は最大値に、範囲以下の数字が選ばれた場合は最小値に強制変更されます。

なお、戦闘技能の使用条件のチェック処理は常に、『戦闘技能1→戦闘技能2→戦闘技能3』という順で行われます。
(つまり、戦闘技能1の発動判定に成功したら、戦闘技能2と戦闘技能3は判定されずに無視されます)


依存について

戦闘技能には『依存』という特殊な性質が存在します。
依存は、戦闘技能に設定されている固有の発動条件で、『右/接』といった形で表記されます。

「/」の左側が、発動する手を示しています。
『右』と書かれていたら右手での攻撃時に発動する技能であることを意味しており、『両』と書かれていたら右手でも左手でも発動する技能ということになります。

「/」の右側が、発動するのに必要な武器タイプです。
『非火』が火器以外のすべての装備状態(素手を含む)。
『接』が刀剣斧鎚槍矛爪拳錫杖といった接近戦用武器、(素手を含まない)。
『魔』が魔石聖印錫杖といった魔術触媒。
『射』が弓矢火器といった射撃武器を必要としていることを表しています。
そのまま『爪拳』というように、アイテムの種別名が書かれているものは、その種別のアイテムで攻撃しなければ発動しないことを意味しています。

よって『右/接』と書かれている戦闘技能は、右手攻撃時でなおかつ接近戦用武器で攻撃しようとしているときにのみ、発動する技能を意味しています。
(接近戦用武器を装備し、攻撃していることが条件ですので、「接」の技能は素手での攻撃では発動いたしません)

この依存と、プレイヤーが設定する使用条件が満たされて、消費分のMPがあるときに、装備されている戦闘技能は発動することになります。


HP回復系技能の発動条件

HPを回復させる効果を持つ戦闘技能は、全員のHPが全快の場合(回復させる余地がない場合)、たとえ条件や依存を満たしていても発動しません。


非ロックオン時による技能発動

火器攻撃は、一度ロックオンしてから敵を攻撃しますが、まだロックオンが行われていない状態(非ロックオン時)には戦闘技能は発動しませんので御注意ください。

戦闘の処理順としまして、「技能の発動→対象の決定(ロックオン)」となりますので、ロックオンが行われたその行動時には戦闘技能は発動しないことになります。


一部のコンボによる条件の無視

「同じ手でのコンボ」は、設定された発動条件を無視しますのでご注意ください。
この特性を上手く利用することにより、1つの技能を複数の条件下で発動させることができます。



Last-modified: 2007-05-10 (木) 23:25:00 (4546d)